ドッグフードあれこれ

MENU

 

あまり見たことのがない形で、チルド型ドッグフードと呼ばれる「Butch」のドッグフードは、その食いつきの良さと品質の高さから大変な人気を誇っています。どのようなドッグフードなのでしょうか。

お座り

「Butch」の特徴とは

 

Butchはニュージーランド原産のドッグフードでブッチと読みます。その独特な形は珍しく、チルド型ミートフードと呼ばれています。独自の製法や品質にこだわったButchは、プレミアムドッグフードと定義され、高品質で確かな安全性を誇っています。

 

  • 1本800g:1263円(税込み)
  • 製品における「肉」の割合は76.5〜94%
  • 全米飼料検査官協会「AAFCO」の基準をクリア
  • ヒューマングレード
  • 高い免疫法規制のニュージーランド産原料を使用
  • 必須脂肪酸が豊富
  • フレッシュなまま数時間以内に製品化
  • 肉ばかりでなく魚や野菜、海藻など自然由来のもので栄養素を強化
  • 100℃未満での短時間調理を利用した独自の製造法
  • グルテンやイースト、人工調味料などが無添加

 

ウェットフードへのこだわり

 

カリカリとしたドライフードを与える飼い主さんが多い中、Butchは一貫してウェットフードにこだわっています。それは含まれる水分量の量が大きいと考えるからです。

 

Butchのミートフードには、動物にとって理想的な水分量が含有されています。通常のドライフードに含まれる水分量が約10%なのに対し、Butchのミートフードには約70%の水分量が含まれており、その違いは明らかです。

 

その昔から動物性たんぱく質、いわゆる肉類を多く摂取してきた犬たちは、肉から十分な水分を摂取することができていました。しかしドライフードが主流の現代では、慢性的な水分不足に悩まされることになります。

 

しっかりと水分を補うことで、消化を助けたり、愛犬の体にかかる負担を最小限に軽減することができます。

 

おすすめポイント

 

  • ソーセージのようなチルド型フードで栄養価が損なわれるのを防ぐ
  • 全犬種・オールステージに対応
  • 犬が本来あるべき食事である肉食にこだわったフード
  • 必要な分だけスライスできる
  • 3種類から選べる

 

ブラックレーベル・・・ベストセラー
ホワイトレーベル・・・赤身肉が苦手な愛犬にチキン100%
ブルーレーベル・・・肉と魚をバランス良く配合した犬と猫兼用フード